PROGRAM短期資格等取得支援プログラムのご案内

事業のおおまかな流れ

各項目をクリックすると詳細がご覧いただけます。

申込み条件
はこちら

※申込時期により、プログラムの順番が前後する場合があります
※新型コロナウィルス感染拡大の影響等により、上記プログラムは変更もしくは中止となる場合があります。
※トラック運転免許の取得は合宿教習所のみ案内いたします
※教習所の混雑状況により、トラック運転免許取得訓練の開始までに期間が空く場合があります

01. 事業説明会に参加する
本事業についての事業説明会を開催します。

支援の内容や資格取得などについて、担当者より詳しくご説明します。

※説明会の開催日程、会場については詳細が決まり次第こちらにアップさせていただきます。
※事業説明会の参加は必須です。お申込み希望の方は、説明会に参加しプログラムの詳細をご確認いただく必要があります。

02. 申込
「登録申込」する(WEBで申込のあと、書類郵送)

1. こちら からお申込いただきます
2. お申込後、自動返信メールが届きます。本文中にあるリンクより「申込書」と「職業訓練の受講歴について」をダウンロード⇒印刷します
 ※このメールは大切に保管しておいてください

3. 印刷した「申込書」と「職業訓練受講歴について」に記入し自署
4. 全日本トラック協会へ郵送します

※WEBからお申込いただいた内容と、ご郵送いただいた書類の内容に基づいて審査に進みます

※ご記入いただいた個人情報の取り扱いについてはこちら

03. 審査(書類審査⇒電話審査)
書類審査:郵送いただいた書類の内容に基づいて書類審査をおこないます

書類審査の結果はメールでご連絡いたします。

電話審査:書類審査を通過した方にはお電話による審査をおこないます

事前にメールにてご都合の良いお時間を確認させていただきます。
(審査を通過した方はキャリアコンサルティングをおこないます。最長で45分程度お時間をいただきます)
※1週間以上経っても事務局からメールが届かない場合は、お電話にてお問い合わせください。

04. キャリア・コンサルティングを受ける

キャリアコンサルタント(有資格者)より、これまでのご経験や身につけたスキル等の棚卸しをとおして、ご自身の気づきを促します。また、希望している働き方、仕事について一緒に確認していき、本事業をとおしての正社員就業に前向きに取り組んでいただく支援をします。

※キャリアコンサルティングが終わった後は、保険にご加入いただきます※

訓練期間中*1は、自宅-訓練施設*2間に事故やケガ等に遭った場合に対応する(傷害保険)と。訓練施設*2内の備品を壊してしまった場合等に対応する(個人賠償)の保険に加入していただきます。保険加入が確認出来てからの訓練開始となります。

*1 トラック運転免許取得・座学訓練・職場体験の期間を指します *2 上記の訓練を実施する場所を指します

05. 訓練①(トラック運転免許取得)

事務局にて手配した教習所にてトラック運転免許を取得していただきます。
取得の目安は2週間~4週間です

※今回ご案内する教習所はすべて合宿免許の教習所です
※本プログラムで取得支援をするのは、大型(一種)、中型、準中型のいずれか1つです
※卒業検定までに学科(座学)、技能(実習)で必要な講習時間は、現在所持している免許の種類および取得希望免許によって異なります

06. 訓練②(座学訓練:物流基礎知識講習)

トラックドライバーに必要な物流の基礎知識や安全運転の知識について講座受講していただきます。

※座学訓練は、オンライン(zoom)開催のみです。
※座学訓練のスケジュールはこちら
※座学訓練では、トラックドライバーに必要な物流の基礎知識や安全運転の知識について講義を受講していただきます。
 受講は必須となりますので、必ず申込みをお願いします。

07. 職場見学・職場体験

企業を訪問し、トラックドライバーの仕事を理解し、実感いただくため、見学や職場体験をしていただきます。

※新型コロナウィルス感染拡大の影響等により、開催されない場合がございます。開催されない場合、別の方法をご案内を致します。

08. 就職支援

本事業に登録している運送事業者の求人票のご紹介等、トラックドライバーとしての就職を支援します。

申込み条件はこちら