プログラムの参加条件

就職氷河期世代の方向けの短期資格等習得コースは、
下記の1~7全ての項目に当てはまる方が受講できます。
※虚偽の回答があった場合、訓練の受講を中止することがありますので、ご承知おきください。
1
令和3年度4月以降に事業説明会へ参加された方。

2
基準日※1において、35歳以上55歳未満(54歳まで)です。

※1 「基準日」は、教習等、最初の訓練開始月の前月末日になります。
例えば、10月12日から訓練を開始する場合は、9月30日が基準日になります。

3
基準日において、離職している(学校を卒業して就職していない場合も含む)又は、非正規社員※2として働いており、正社員※3などの安定した雇用を希望しています。

※2 期間の定めがある雇用など

※3 期間の定めがない雇用

4
他の短期資格等習得コース、公共職業訓練、求職者支援訓練、教育訓練給付制度の指定訓練、建設労働者育成支援事業、その他国及び地方公共団体の事業として行われる職業訓練を現在、受講していない方。また、受講する予定もない方。または、過去に受講をした方で、受講終了日から1年以上経過している方。

※令和2年9月までに訓練を終了した方については、受講終了日から1年を経たずとも、本コースの受講は可能となります。

5

以下のいずれかに該当します。

  1. 基準日から直近1年間に正社員として雇用されたことがなく、直近5年間においても正社員経験が通算1年以下
  2. 直近1年間において、臨時的・短期的な就業を繰り返す、あるいは臨時的・短期的な就業と失業状態を繰り返すなど、不安定就労の期間が長い
  3. 直近1年間において、非正規雇用の就業経験が多い、あるいは就職後の就業期間が短いなど、安定した就労の経験が少ない
6
現在所持している普通運転免許取得後2年以上経過している方(取得希望のトラック免許が中型の場合)
現在所持している普通運転免許取得後3年以上経過している方(取得希望のトラック免許が大型の場合)

※ 現在、運転免許を所持していない方は、準中型免許の取得が可能です。

7
事務局からの電話/メールの連絡に対応可能な状態にある方
※再三の連絡にも関わらず、返答が無い場合は申込をキャンセルさせていただきます。
8
参加条件、重要事項説明、訓練受講給付金制度、運転免許取得条件について、全て確認して理解した方
重要事項説明はこちら